FC2ブログ
真っ赤な空を見ただろうか
その日にあった事を適当に綴っていこうと思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚咽

605 :大人の名無しさん :2005/10/04(火) 02:02:31 ID:UReCyXhJ

頑固で、古くて、厳しい父。
そんな父を疎ましく思い、避けて過ごした長い長い日々。

父の余命を宣告されてから、一緒に過ごした半年。
父の隣にいるだけで、なんて心が落ち着くんだろう。
父の隣にいるだけで、やさしい気持ちに包まれている気がした。

痛みや苦しみを一言も言わず、父は昏睡に陥る前、その姿を写真に残させた。

父からの最後の教訓。

ふと、今言わなければいけないと思い、昏睡状態の父に
「産んでくれて、育ててくれてありがとう」と言った。
直後、父は静かに目を閉じ旅立った。

父が亡くなってからわかった。
こんなにもお父さん子だった事を。
厳しかったのは、子供達を愛してくれてたからなんだね。
父を理解し過ごした日々が、あまりにも短く悔いる。




a_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。